津沢夜高あんどん祭

6月
津沢夜高あんどん祭
毎年、6月の第1金・土曜日に開催される、津沢夜高あんどん祭は、承応2年(1653)村の鎮守として伊勢神宮から御分霊を勧請したおり、その行列が倶利伽羅あたりで日が暮れ、そのことを飛脚で知った村人たちが、手に行燈を高く掲げて太鼓を打ち鳴らし出迎えたことが始まりと伝えられている。この夜高行燈の伝統芸能が、当地より移住した先人たちが開いた北海道雨竜郡沼田町へ伝授され、今では北海道の三大行燈祭りのひとつにあげられる。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 市内に点在する七福神像の写真を撮影し、所定の場所で提示すると…
  2. 寿永2年5月11日(旧暦)、源氏の総大将木曾義仲公が埴生護国…
  3. おやべの獅子舞祭にちなんだイベントを開催します。 その名も…